職場での人との関わり方~仕事の時間を楽しく過ごす~

もう春がきたなぁと思っていましたが、昨日大雪が降り、札幌は冬に逆戻りしてしまいました。

とても寒かったのですが、ふわふわと夜空を舞う雪の様子はとてもロマンチックでした。

昨日は会社の先輩方2人とディナービュッフェに行ってきました。

みんなで行く予定だったレストランに行ってみると・・もの凄い行列が。

そのレストランは、平日は時間が無制限と種類が豊富いうこともあって大人気!!

ですが、あそこまで混雑していることは想像していませんでした。

みんなと相談した結果、2番目の候補のレストランビュッフェに行きました。

そこは、あまり混んでいなく、少し待つだけで入店できました。北海道の野菜をふんだんに使った自然派料理のビュッフェレストランでした。

90分食べ放題で約1800円でそれにドリンクバー+お寿司食べ放題が400くらいでした。

自然派料理が多いお店ですが、唐揚げやジンギスカン等のお肉料理もあって大満足でした。

お寿司は、注文してからテーブルに届くのでネタが艶々していて、とてもおいしかったです。10種類くらいの中から選ぶことができます。

デザートは少なめな感じでしたので、ヘルシー料理をメインで食べて食後に少しデザートを食べたい方にはおススメのお店ですね。

食事中の会話は仕事の話で盛りに盛り上がりました。

私よりもみなさん長く働いているので、社内事情に詳しく、いろ~んなお話を聞くことができました。

私が入社した時の同期はほぼ全員辞めてしまって、自分のプライベートなことをお話する人が誰もいない状況でした。

そんな中、先輩方にごはんの声をかけていただいて、自分のちょったした悩みとか、プライベートの事とか話せる存在ができたことは本当に嬉しいです。

4月いっぱいで私は退職してしまうので、残念で寂しい気持ちです。

先日、テレビドラマ「科捜研の女」の中ですごい印象的な言葉がありました。

話の内容の一部を簡単に説明します。

職場の仲間の一人の男性が倒れてしまって、その奥さんが、仕事のし過ぎで倒れたという事で職場に訴えかけました。

訴えを聞いた上司は労働環境を整える規約を制定。

その内容は、労働時間に制限をかけ、超過しそうになったらかわりの社外の人に仕事に引き継くというものでした。

しかし、その規約が仇となってしまい、無実の人を逮捕し起訴することになってしまったのです。

この事実をうけ、倒れた男性が次のように言いました。

「仕事で大事なのは人間関係。次に業務内容。その次に労働時間である。

人間関係がしっかりしていないと、しんどくなってしまう。だから、ここが一番大事」

私はこの言葉を聞いて、本当にその通りだと思いました。

どんなにつらい仕事でも、一緒に愚痴を言い合ったり、励ましあったり、笑いあったりする仲間がいれば乗り越えられると思います。

私が入社して、今の部署に配属された時はすごい孤独を感じました。

仕事もできないし、わからないし、話せる人もいないし。教えてくれる上司は気分屋なところがあって当たりが強いことも多々あるし。

当時は、すごく辞めたいって思っていましたが、旦那さんの励ましと、とにかく仕事を覚えて何も言わせないようになる!!という少しの意地で続けてきました。

でもあの時に辞めなくて本当によかった。

辞めなかったおかげで、楽しい仲間ができました。

入社した当初から、仲間がいればあまり苦しむこともなかったかもしれませんが、悔しくて辛い思いをしたからこそ仕事を早く覚えよう、ミスなくやろう、と思えたことも事実です。

一長一短な感じですね。

私の職場では、仕事は仕事、プライベートはプライベートって考えている人も多数いますし、世間でもそのような人が最近多いようですね。

でも私は、プライベートでも少し交流を持った方が楽しくお仕事できると思っています。

働き方にもよりますが、1日のうちの多くの時間を過ごす職場だからこそ楽しい方がいいなって。

仮に1日8時間労働だとして、その8時間が辛くて怖くてつまらない時間だったら心も体もが病んでしまいそうです。

今の職場は4月いっぱいで退職しますが、もし次働く機会があったら、積極的に職場の人と関わっていきたいと思っております。

木曜日にドラマをみて、そして金曜に皆さんとの食事で、改めて人との関わり方を考で考えさせられました。

PS:今回行けなかったレストランにまた近々リベンジしたいと思います。

森乃


にほんブログ村


人気ブログランキング