人付き合いをシンプルに考える~楽しく人と付き合う~

こんばんは。森乃です。

今日は人付き合いについて、思うことがあるのでそれについて書きたいと思います。

私は人付き合いがすごく多いわけではありませんし、少ないわけではありません。

土日がお休みだったら、どっちかはお出かけすることが多いです。

最近結婚しましたが、旦那さんとまだ一緒に住んではいないので、お友達とお出かけすることが多いですね。

友達との約束は自分から誘ったり、誘われたりして決めることが多いです。少し誘われる方が多いかもしれません。

プライベートの人付き合いはこのような感じです。

今私が働いている会社は、多くの人が契約社員としていて、定期的に新人さんを採用する、人の入れ替わりが多い会社です。

長く働いてる人はいるけども、辞める人は1週間でやめるというような具合です。

そんな人の入れ替わりが多い環境ではありますが、社内にも仲良しのグループというものは存在します。

私は勤務して1年ですが、どこのグループにも属してませんでした。同期がいたときは、一緒にお昼を食べたり、ランチに出かけたりしていましたが、同期がみんな辞めてしまい、一人でお昼を食べています。

そんな状態の私でしたが、先日同じ部署の方からごはんにいかないかと誘われました。仮にAさんBさんとしましょう。AさんBさん私の3人で行こうと誘われました。

でも、同じ部署には、他にCさんDさんもいます。

Aさんに誘われたときに、私はC・Dさんに気を使ってしまい「C・Dさんにも声をかけますか?」

といってしまったんですね。

というのは、Cさんは私の上司で、お仕事の事を色々教えてくれた方なので、仲間はずれのようにすることは嫌だったんですね。

そしたら、Aさんが「C・Dさんは会社の外で、会社の人と付き合いたくないっていってたので誘わなくてよいと思います。」

っていったんです。

そこで私が、「一応C・Dにも声をかけて、選択肢を与えた方がよくないかな?」といいました。

Aさんは「Bさんに相談してみます。」

といって一旦、お話は終わりました。

その後、私は一人で悶々としました。


・ご飯に行くといったものの、上司であるC・同僚のDは誘わないかもしれないこと

・上司Cは私の事をかわいがってくれたのに、A・Bとごはんに行くことで、私がCに嫌われるのではないかという心配。

・円満な人間関係で会社を辞めたい

※私は4月いっぱいで会社を退職します。


上記のことで、自分ひとりで悩んでしまいました。

勝手に、人間関係あるあるだーって思ってたんですよね。

でも、このような状況を生み出したのって自分自身であることに気づいたんです。

A・Bさんに「ご飯いかない?」っていわれたら

「はい、行きます」だけで終わらせておくべきっだったんですね。

残りのC・Dさんのことはあまり考えすぎる必要はなかったんですよね。

Aさんのほうが、C・Dさんと付き合いが長くて、性格もよくわかってるから、社外で会社の人と付き合いたくないっていうのはわかってるから、私が心配する必要はなかったんです。

私がC・Dさんのために思ってした発言が、結局自分を苦しめるなんて本末転倒ですよね。

 

A・Bさんは2人で仲が良いですが、他にも仲が良い人がいて、いろ~んな人と仲良くしています。

 

2人ともそんな感じなので、私も他の誘いがあれば全然、そっちのお話にのっていけばいいんだなって思いました。一回同じ人とごはんに行ったら、他の人とご飯にいけなくなる。なんて同属意識は無用でしたね。

私は、Aさんからごはんに誘われたとき、正直嬉しかったです。

結婚が決まって、会社に報告するとき、だれにも相談する人がいなくてとても苦しみました。誰か、相談できる人がいたらいいなって思っていたんですね。

だから、今回お誘いを受けて、嬉しかったです。

同時に不安もありました。4月いっぱいでやめるのに、今、ごはんに行くことで、これまでの社内の人間関係に変化が起きることが怖かったです。

ですが、4月いっぱいでやめるなら、あと3か月でやめるなら、楽しくお仕事をしたいって思ったんです。

だから、3人でごはんに行ったことが、上司のCさんにわかったとしても堂々と「一緒にご飯にいってきました!今度一緒にどうですか?」っていえばいいんだなって。

もっとシンプルに考えたら、楽だったんだなって。

みんなにいい顔をしようっていう気持ちが、私の中にな内心あったんですけど、自分の気持ちに正直にいこうと思いました。

楽しい話を誘われたら、参加したいなら、素直にその話にのること!!

私は、会社の外でも会社の人と付き合いしたい人なので、無理しない程度に積極的に関わってきたいです。

シンプルに考えて、楽しい人付き合いを目指します。

森乃

★Aさん、ごはんに誘ってくれてどうもありがとうございます★