結婚して退職することになった花嫁さんが気を付ける事

結婚が決まった未来の花嫁さん方。

本当にご結婚おめでとうございます。

お相手の都合や、自身の今後のライフプランによっては結婚を機に会社を退職する方がいらっしゃると思います。

そこで、寿退社をする際に気を付けることについてまとめました。

①退職することを余裕をもって伝える
②結婚の報告は順番に気を付ける
③一緒に働いてきた皆さんにしっかりと挨拶をする
④最後まで全力で仕事に取り組む

①退職することを余裕をもって伝える

結婚が決まり、退職する気持ちが固まったら会社のことも考えて退職希望の時期を伝えましょう。

だいたい3~4か月前にいうのが良いと思います。

3~4か月時間があれば、会社側は人員調整したり、お仕事を引き継いだりとそれなりに準備ができるはずです。

もしあなたが、とても重要なポジションや、重要な仕事をしている場合はご自身で退職の日を決めずに、上司の方と相談する方がよいと思います。

結婚が決まったので来月辞めます!!なんて報告は余程緊急な事態を除いては、しないように気を付けましょう。

辞めていく方は新しい生活や大好きな彼と過ごせることでワクワクしていると思いますが、残された会社ののことを考える事もお忘れなく。

自分勝手に退職の準備を進めてしまうと、周りから反感を買ってしまう事態になりかねません。

辞めるまでの期間が苦痛なものになってしまわないために、祝福されながら円満に退職するために、周りの方々への配慮を忘れず準備を進めていきましょう。

②結婚の報告は順番に気を付ける

報告の順番は

1、直属の上司

2、先輩

3、同僚

の順番に行うとよいと思います。

まずは上司の方に今後の予定について報告しましょう。

入籍日、結婚式の予定、退職日の相談・・などなど、決まっている事はしっかりと伝え、迷っていることや不安に思っていることがあれば相談しましょう。

上司と退職に向けてしっかりと話し合うことは円満退職への一歩となります。遠慮せず、しっかり伝えましょう。

上司に報告した後に、仕事を教えてくれた先輩への報告をしましょう。それから同僚の順番で。

とても仲が良い同僚がいて、普段の会話の中で結婚の報告をしてしまうこともあるとおもいます。

ですが、その同僚から、先輩や上司の耳に入らないように気を付けましょう。

会社という組織はまだまだ縦社会なところも多いと思いますので、上司、先輩、同僚と順番に耳に入るように報告した方が今後、良好な人間関係を続けられると思います。

③一緒に働いてきた皆さんにしっかりと挨拶をする

会社に入社した当時は、右も左もわからない状態でしたよね。

上司の方、先輩から仕事を教えていただいたり、同僚の方から励ましの言葉をもらって協力しあったり・・・とこれまで多くの方にお世話になってきたはずです。

皆さんの支えがあって今日まで、お仕事を続けられた事に感謝の気持ちを表しましょう。

しっかりと挨拶をすれば、仕事を辞めるまでの期間も良い人間関係のまま続けれると思います。

最後まで気持ち良くお仕事をするためにも、今までの感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

④最後まで全力で仕事に取り組む

退職することが決まったからといって、お仕事に対して手を抜くのはやめましょう。どうせ辞めるからといったネガティブな姿勢で取り組んでいると大きなミスにつながりかねません。

円満に退職するためにも、大きなミスをしないように集中してお仕事に取り組みましょう。今までお世話になった恩を返すつもりで取り組めば、みなさんにもきっとその前向きな姿勢が伝わるはずです。

最後に・・・・・

結婚による退職する際に気を付けることについて述べてきましたが、一人一人状況は異なりますので、必ずこの通りに進めていかなくてはいけないものではありません。参考程度に見ていただきたいと思います。

結婚が喜ばしいものである反面、環境が変わるものなので、何かとナーバスになりがちです。

会社の方と相談しながら、ゆっくりお話しを進めていってくださいね。

森乃

スポンサーリンク
スポンサーリンク