人から愛される女性

人から愛される女性

人から愛される女性ってどんな人だと思いますか?

人から愛されることって本当に素敵ですよね。

そして、人から愛される女性って本当に憧れです。

愛される人とはどのような人なのでしょうか。

愛される人には・・・・・

・その人がいるだけで雰囲気が明るくなる、和む。
・その人の周りには人が寄って来る
・なんだかいつも幸せそう
・常に味方がいる

etc…..

などなどたくさんの魅力があります。

どんなことに気を付けたら愛される人になれるのでしょうか。

愛される人になるには・・・・


常に感謝の気持ちを忘れない


どんな小さなことでもしっかりとありがとうと言える人。やってもらって当たり前ではなくて、やっていただいてありがとうという謙虚な気持ちを持てる方。

朝起きてから、眠りにつくまでに起こる様々な出来事に対して少し敏感になってみましょう。

例えば、朝の通勤の際に電車を降りる際に有難うござましたっていってみるとか。

降りる際にお客の私たちが有難うっていうのはおかしくない?お客なんだから当然でしょ。って思う方もいるかもしれません。

ですが、これはあたりまえのことではないと思います。
安全に目的地まで届けてくれてありがとうという気持ちを込めて言ってみましょう。

例を挙げさせていただきましたが、身近なところにも感謝をするポイントはたくさんあります。

「ありがとう」

という言葉は言う人も、言われる方も前向きな気持ちになれる前向きな言葉なのでどんどん使いたいですね。


素直な人


嬉しい時には嬉しい、哀しいときには哀しいと素直に表現でき、自分に非があるときには素直に謝れることができる自分の気持ちに正直な方。

自分の感情を上手に表現できる方は、相手にも気持ちが伝わりやすいです。

気持ちがわかりやすい方は皆さんの周りにいませんか?

そういう方は考えていることがすぐわかるので話しやすいのですよね。

そして親しみやすい方ではありませんか?

考えていることがわかりやすい人には安心して近づくことができるので自然と人が寄ってきます。

反対に、何を考えているのかわからない人はなんだかとっつきにくい印象を受けてしまい、話かけにくいですよね。

何を考えているのか全くわからない人には警戒心を抱いてしまい、自分から進んで近づきたいとは思わないと思います。

これより感情表現が豊かであること・自分の気持ちを素直に表現できる事は、愛される人になる一つの要素だと思います。

一つ補足しておきたいのですが、ここでいう「感情表現が豊かな人」とは、泣きたいときになきわめいたり、急に怒ったりする気分屋のことを言うのではありません。

落ち着いた気持ちで自分の気持ち、考えを言葉で表現することをいいます。

感情に任せて表現することは自己表現が豊かな人ではなく、ただの自分勝手の気分屋さんになります。

これはしっかりと区別しておきたいところですので強調させていただきました。

真の表現豊かな人になりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク