無理は禁物!欲張り過ぎない!自分ペースで行こう!

連日、猛暑のニュースが続いていますね。

40℃の達する地域もあるようですが、

40℃って・・・・暑すぎですね~

もう発熱レベル!!

皆さん熱中症には気を付けてくださいね。

私が住む北海道も日中はなかなか暑いですが、夜はまだ冷えます。

半袖で歩くのは難しいです。

若い方は足も肩も出ている方もいますが、アラサーの私は、半袖も生足も難しいです(笑)

冷えは大敵です!!!

しれっとブログを書き始めましたが、なななんと今月初投稿です~

もうブログの存在がうす~くうす~くなってましたね。。

色んな事がありすぎまして。

ちょっと聞いてもらってよいですか~(´;ω;`)

まずこちらの記事で扶養範囲内で働くと熱~く語っていました。

壁について触れながらも一生懸命語っておりますね。

そして、こちらの記事では、ハングルとブログの更新と日本語教師の試験勉強を頑張る!とこれまたあつ~く語っております。

そして極めつけはこちらの記事では、扶養範囲ではなくフルタイムで働くと宣言しております。。

結論からいいますと、どれもちゃんと続けられておりません。  

   

あれま~

扶養の範囲内で働くと言っていた私ですが、ついつい欲がでてしまってフルタイムで働くと決めましたが。

家庭と仕事の両立が難しかったです。

今回していたお仕事の内容は、数か月経たないとなかなか覚えることができないものでして、内容自体も難しかったという事も一因です。

新しい事を覚えることは大変なことでした。

旦那さんと一緒に住むといういう事で今年の4月にお仕事を辞めましたが、その仕事は1年間続けました。

前のお仕事の時も、新しいことを覚えることは本当に大変でしたし、会社の人間関係の事で沢山悩んでいました。

ですが、退職してから新しい仕事を始めるまでの2か月間、専業主婦をして当時の大変さという物をすっかり忘れてしまっていました。。。。

専業主婦をしている時は、働いていない自分が社会から取り残されているような気がして、主婦でいることに引け目を感じていました。

だから、働きたくてうずうずしていましたが、実際にフルタイムで働き始めたらもう大変です~!!!!!(*_*;

お料理・お洗濯等の家事・仕事に対するモチベーションの維持!

切り替えることが下手な私は、仕事の事をいつまでもひきづって旦那さんに愚痴を言ってしまったり、イライラして旦那さんに当たったり、急に泣き出してしまったり、過呼吸になって震えたり。。。。

主婦業とお仕事を上手くこなすことができませんでした。

4月に退社した会社に戻って同じ仕事をしていればまた状況は変わったかもしれません。

慣れているお仕事であれば、一からお仕事を覚えることに比べたら負担は軽かったと思います。

ですが、4月に退社して、すぐ入社というのがなんとなく気まずくて。。戻るという選択肢は私の中ではありませんでした。

ということで、昔働いていた会社でフルタイムのお仕事を見つけて働き始めましたが、精神的にも体力的にも限界だったので本日辞めてきました。。

1ヵ月たっておりません。。。本当に情けないです(‘_’)

フルタイムで働く前に、自分の能力を過信しないでもう少し慎重になるべきでした。

母からは週2、3働けば十分だよ。それ以上はあなたは難しいよと言われていました。

さすが、母。私を見据えております。

だけど、お金に目がくらんだ私がいう事を聞くはずもありません。

いう事を聞いておけばよかったなぁ~と思いますが、私は実際にフルタイムで働いてみてよかったと思います。

働いてみて、自分では無理なことがはっきりわかったからです。

世間には、フルタイムでお仕事もして家事もして子育てもしている方がいるので私もそうなりたい!と思いましたが。

私は、私のペースで家事をしてお仕事をしていこうと思いました。

無理をして、心も体も壊したらどうしようもありません。

旦那さんをしっかりとサポートをして、無理なく働き、家事もしていきたいと思います。

また、新しい目標として「日本語教師の勉強をする」!とありましたが、こちらも保留にします。

今はハングルを勉強することが、何か楽しいのでそちらを続けていきます。(^^)/

あとは、思いついた時にブログを綴っていきます。

文を書く事で、とても頭が整理されて次に進むことができるので、無理なく書いていきたいを思います。

仕事は無理のない範囲のお仕事があればやりたいです。ただ焦らず探していきます。

私はすぐ「頑張る!」っていってしまうのですが、頑張る事、辞めます~

ゆる~く続けるぐらいの心持ちで生活していきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。

応援していただけたら嬉しいです。

森乃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする